本を読んでみて、心が少し軽くなりました。

起業一年目の教科書という本を読んでいます。
ずっと起業に関心はありますが、何からしたらいいのか分からずに手を出せていない状況です。
しかし、この本を読む事でやや心が軽くなりました。
何かを完璧に計画立てて、しっかりした信念の元起業しなくてもいいのだと言う事です。
確かにあったらそれに越したことはありませんが、それだけでなくても起業してもいいと言う事です。
そういうものや私が不安に感じている事等は皆同じように悩んでいて、解決しないまま起業したり、仕事をしていくうえで確固たるものになるものだと記載ありました。
結局しないのはやり方が分からないと言う言い訳をしていますが、やろうとしていないと言う事に気付きました。
何が何でも失敗出来ないと思っている部分やどの様に集客したらいいのか・・・不安に思う事は尽きませんが、だからと言って何も行動していないのはそれを理由に足踏みしているだけだと気が付きました。
私が思っている以上に気楽に構えてもいい物かもしれないと思う事ができました。
ピアスを初めて開ける時の様です。

本を読んでみて、心が少し軽くなりました。