愛知県の中で、おいしいパン屋さんを、紹介します

愛知県の中で、おいしいパン屋さんを紹介します。
一宮市にある、アンテテというお店は、ハード系のパンがおいしいお店です。
アマランサス(350円)は、全粒粉を使用したフランスパンで、丸い形をしており、
もっちりした食感で、手軽におやつ感覚でも食べられる、おいしいパンでした。
また、パン・オ・フィグ(大、580円)は、アーモンドや、イチジクなどの具材が
入ったライ麦パンで、食べごたえがあり、それぞれの具材の旨みが、ライ麦生地の旨みと
よく合い、おいしかったです。
また、バゲット(200円ほどだったと思います。)も、外皮がバリッと香ばしく、中は、
しっとりした食感で、おいしかったです。
あと、自家栽培した果物などを使用したジャムなども販売されていました。
こちらのお店は、対面式のお店で、おすすめのパンや、好みのパンを、気軽に相談できるお店だと思います。
こちらのお店の営業時間は、11時から19時までで、水曜日と、木曜日がお休みのお店です。

愛知県の中で、おいしいパン屋さんを、紹介します

忙しい日は午前中のうちに下ごしらえをしておく

今日は午前中に保険のおじさんが我が家へきてくれる約束をしていました。
それまでにやりたいことは盛りだくさんです。
昨日のうちに、大体部屋の掃除はしておいたので、部屋は掃除機をかけるくらいで済みました。
昨日からやっておいて良かったです。
まず、朝ごはんを食べたら、食器を洗い、洗濯物を干します。
その後に化粧と髪の毛を整えて着替えます。
そのあとはお昼ご飯の準備です。
チーズ入りチキンカツと、菜の花のお浸し、お味噌汁を作りました。
保険のおじさんがくる前に昼ご飯の準備を済ましておけば、おじさんが帰ったらすぐにお昼ご飯を食べられます。
これで、気持ちに余裕ができます。
案の定、お昼ご飯はスムーズに行ってくれました。
食べ終えて、洗い物をしたら、今度は明日のお昼ご飯のカレーを作りました。
明日もお昼前から用事があるので忙しいのです。
これで明日の準備もオッケーです。
そのあとは気持ちよくお出かけができました。
予め用意しておけば、外食したい気持ちも抑えられるので、頑張ります。

忙しい日は午前中のうちに下ごしらえをしておく

将来の資金を考えると株式投資もひとつの選択肢

 株式相場はアメリカを中心に世界的な株高基調にあり,国内経済が低調で隣国が軍事的に危険な状態にある韓国でも最高値を記録していて,本来なら日本の株価はもっと上昇していてもよいくらいです。
グローバルな資金は当然上昇していく所に流れていきますから,日本に入ってくる資金が活発ではないのが今の状況でしょう。
 北朝鮮問題を含む地政学リスクや国内政治の混乱もあり日本の投資家も慎重に模様眺めしているようで,日本銀行でさえも急落を待って買い待機をしている状況のようです。
 ところで株式にはインカムといった配当金や優待など株を保有している事で得られるものと,キャピタルゲインという株の売買による差益で得るものがあります。
 十分にインカムを得てからキャピタルゲインで利益を得る事が理想ですが,そんなに筋書き通りにはいきません。
富裕層は寝かせてある資金が多いわけですから,インカム・キャピタル双方を得るタイミングを長い期間で見定める事ができます。
 近い将来必要になるかもしれない資金で株式投資をするなとよく言われるのは,都合良いタイミングを選べないからです。
ただ超低金利が続くと予想されて年金も先細りが見えているこれからの日本では,少しでも資産を増やす手段としての株式投資も選択肢のひとつにおいた方が良いかもしれません。

将来の資金を考えると株式投資もひとつの選択肢

映画「ラブ・アクチュアリー」について、ひとりごと。

クリスマスの時期になると必ず観たくなる映画がある。それは「ラブ・アクチュアリー」だ。これはイギリスを舞台にしたクリスマス映画で、オムニバス形式で様々なカップルの恋愛模様が展開される。ハッピーエンドもあれば、バッドエンドもある。家族や恋人と観たい、心があったまったり冷えたり、でも最後にはほっこりと胸が熱くなる、そんないい映画なのだ。俳優陣も豪華である。昨年亡くなったが、スネイプ先生役で有名なアラン・リックマン、同じくトレローニー先生役で知られるエマ・トンプソン、パイレーツ・カリビアンのキーラ・ナイトレイなどなど、イギリスやアメリカを代表する俳優陣が出演している。そんな中で、私が一番その演技に惹かれたのがローラ・リニー。この映画を観るまで知らなかったのだが、彼女が演じた女性のエピソードが本当に切なくて、味わい深くて好きだ。気になる人はぜひ映画の中で確認してほしいのだが、誰かを優先すると必ず誰かを傷つけることになる。ないがしろにすることになる。誰も傷つかない恋愛などない。そんなことをしみじみと感じさせられる。クリスマスでなくても楽しめる映画なので、ぜひ一度は観てみてもらいたい。

映画「ラブ・アクチュアリー」について、ひとりごと。