サウンドについて思いきりおもうことを書いていきます

会話見ることが贔屓だったりします。いや、詳しくは特定の会話を見るのが贔屓といえばいいのでしょうか。youtuberとかも特定の人のをよく見る種類ですねぼくは。会話興味深いだ。親せきの輩も会話やってみたいとか昔言ってました。いやー時期ですねまず。でも、大変なこともいろいろあるでしょうね。場所ばれないように頻繁に移動しなくてはいけないとか聞いたことありますが、、。(ふむふむ)また材料が切れないように新物の風説保存しまくったりとか。稼ぎ方としてはあってもいいと思いますが。この間テレビでyoutuberを取り上げたときに、やっぱり年配の人間とか、それほどしばしば思っていないユーザーとかいたみたいです。「失業と同じだ」みたいな視点もあったみたいです。個人的には、まじめにやっていればいいと思うのですが。まさに否定されるともの悲しい、と言うかしがない気がします、、。今の輩なんて会話あって順当なんですよね。とても私たちの時とは違うなあと思いますね。

サウンドについて思いきりおもうことを書いていきます