田辺聖子君の力作を生まれていよいよ読みました。

俺は今まで一度も田辺聖子様の力作を読んだことはありませんでした。明るくて綺麗な最前ですなぁという、完全に最前に惹かれて読み始めたのが、『おいしい存在といった異性のはなし』(田辺聖子著)。表題もとっても惹かれました。女性は押しなべて、美味しい存在という異性のコメントがあれば喜びます。それに少々のスパイスが効いていれば、なおさらだ。こういう正式には「卵に目鼻」「思惑とぼとぼ」など9エディションが収録されていました。読み進めていると、キャラクターの一人ひとりのメンタリティが伝わってきました。それも中傷無く、あっという間に私のミルクの中にいらっしゃるみたいでした。ほんとにすべてのお伝えが面白かっただ。通勤中、車両で読んでいたところ、なんとなくうっかり、うふっといった所見をあげて笑ってしまったほどだ。田辺聖子様の他の力作もぜひとも読んでみたくなりました。最前に惹かれて、安易に興味を持って読んでみましたが、意外にも心に大一撃しました。田辺聖子様に対して調べてみると、スヌーピーがおフェチと書いてあって、それもまた可愛らしくて惹かれました。

田辺聖子君の力作を生まれていよいよ読みました。

ホイヘンスやエルステッドなどの人となりの所

相手方に関して学業をしました。1678時代に、ホイヘンス(オランダ)が光線の波動思考をつくりました。1687時代に、ニュートン(英国)が万有引力のルール、行為の3ルールをつくりました。1724時代に、ファーレンハイト(ドイツ)が気温計の度盛り(華氏)をつくりました。1742時代に、セルシウス(スイス)が気温計の度盛り(セ氏)をつくりました。1752時代に、フランクリン(アメリカ) が雷光のキャラクターを発見しました。1753時代に、カントン(英国)が静電案内を発見しました。1785時代〜89時代に、クーロン(フランス)が磁気・電気のクーロンのルールをつくりました。1798時代に、ランフォード(英国)がスレによる熱情の発生を発見しました。1799時代に、ボルタ(イタリア)がボルタの電池をつくりました。1820時代に、エルステッド(デンマーク)が電流の磁気効き目を発見しました。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。

ホイヘンスやエルステッドなどの人となりの所